昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県梼原町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖大地震(M8.1)。高知の震度5。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、25頁及び54-55頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震
NO.
高知3286

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖大地震が発生し、地震後6波の津波があった。県下の被害は死者670人、行方不明9人、負傷者1,... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖大地震、津波あり死傷多し。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、南海道沖大地震、津波被害あり。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む