昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
高知県梼原町
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月~2月、低温、大雪により、梼原豪雨となり、自衛隊出動救援。(高知新聞による)(津野山地域災害異常略年譜)/「梼原町史」によると、昭和37年末からの雪は昭和38年2月4日まで37日間降りしきり、梼原校庭上で3m71cm、越知面商家連担地で7m43cm、六丁で9m半、井高上組地区では実に11m14cmの積雪に見る古来稀な大雪に見舞われたと記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、29頁及び55-56頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
大雪 自衛隊出動
NO.
高知3320

よく似た災害

昭和34年の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日の大雪により、「高知県災異誌」では梼原の積雪32cmとなっているが、20年降りの大雪で山間部では2m。 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)の大雪による被害の写真1枚。大雪により山林、電柱、電線、農産物、特にビニールハウスに大きな被害があった。 続きを読む

昭和4年の大火

昭和4年(1929)4月、四万川六丁で大火、バイタイ寺も焼失した。 続きを読む

昭和4年の火災

昭和4年(1929)4月、六丁で大火。 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月、豪雪。前年12月29日に降り出した雪は、元旦は止んだものの、2日には再び降り始めて、2月4日までに降雪がなかったのは5日間... 続きを読む