明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日の台風は、風速32m/秒を突破し風速計を破壊し、雨量122ミリを記録した。高知城の鯱が一つ吹き落ち、高知港の帆船が数隻沈没し、潮江天満宮の鳥居楼門が倒れ、五台山竹林寺の五重の塔も倒れた。県下で死者90人、負傷者72人、倒壊家屋12,000軒、半倒壊48,000軒、船舶の流失・破壊687隻に及んだと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山岡哲郎「土佐の災害史」(南国史談会編「南国史談 第10号」南国史談会、1991年)、37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 高知城 潮江天満宮 竹林寺 死者
NO.
高知3360

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、風速32m/秒、雨量122ミリを記録した。天守閣の鯱が一つ吹き落とされ、浦戸湾内の帆船が数隻沈没し、天満... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、風速52m超の台風により、県下では死者340人、負傷者971人、家屋の倒壊14,320戸の被害が出た。近くでは安原の... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨により、県下で死者140人、家屋の流失・倒壊7,850戸。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大暴風雨。県下で死者340人、負傷者971人、不明19人、家屋全半壊約19,000戸。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により一宮は相当ひどい損害を被った。風速53mの強風が吹いたため、田村神社の随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒... 続きを読む