昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大激震が起こり、まもなく津浪が襲来し、さらに各地で火災が発生した。また、土地の隆起と沈下により、浸水被害や船の出入りが困難となる被害も甚大であった。県下の被害は、死者・行方不明者679人、負傷者1,836人、家屋の倒壊5,418戸、半壊9,906戸、流失566戸、焼失196戸、浸水7,013戸、漁船の流失・破損2,389隻、耕地の流失・浸水3,995町、罹災者93,259人、被害総額27億9,250万円余に及んだ。県下の被害状況や震災体験談等が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南海大震災誌編纂委員会編「南海大震災誌」(高知県、1949年)、223-233頁及び649-683頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 火災 地盤の隆起・沈下 死者
NO.
高知252

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こり、津波が襲来した。高知県下の被害は、死者・行方不明679人、負傷者1,836人、家屋の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こり、津波が襲来した。高知県下の被害は、死者・行方不明679人、負傷者1,836人、家屋の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む