昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月12日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月10日夜から12日朝にかけて、台風17号が九州南西海上に停滞した。県中部と東部では強い雨が降り続き、高知市では日雨量50ミリ以上に日が6日に達した。高知市では12日午後5時10分からの1時間に97ミリの豪雨を観測し、鏡川をはじめ各河川が氾濫し始めた。午後8時に、高知市の坂本昭市長はテレビを通じ市民に、異例の危機回避への自衛を呼びかけるに至った。県下の被害は死者6人、行方不明3人、負傷者6人、全壊83棟、半壊92棟、床上浸水13,445棟、床下浸水23,685棟等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県土木史編纂委員会編「高知県土木史」(高知県建設業協会、1998年)、464頁及び477-478頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 鏡川 高知市長 死者
NO.
高知3383

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風13号により四国地方は大雨が降り続いた。豪雨に見舞われた高知市では13日午後1時までに雨量が1,... 続きを読む

昭和7年の台風

昭和7年(1932)8月10日より16日にかけて、長期の暴風雨が襲ってきた。雨量は高知市で100ミリ位、魚梁瀬で1,100ミリという氾濫ぶりを示した。... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月9日午前、台風17号による断続的な雨で、土佐市家俊で山の崩壊があり、付近住民に避難勧告が出された。11日、高知市では床上・床... 続きを読む

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む

昭和47年9月14日の大雨

image

昭和47年(1972)9月14日、九州西方の低気圧が発達しながら東進した。大雨となり、池川で174ミリ、佐川で171ミリ、高知市で147ミリを記録し、... 続きを読む