宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県南国市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。立田上咥内(かみこうない)あたりの物部川堤防が切れ、田畑は荒れ地になった。前浜の東、切戸を津波が押し切った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
南国市文化財審議会編「南国の歴史」(南国市教育委員会、1989年)、102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 立田上咥内 物部川 堤防決壊
NO.
高知253

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。「田村誌」によると、津波は前浜の東、古湊の切戸を押し切って大潮が北上して、伊都多神社の前から東の窪まで来... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が来襲した。「谷陵記」では「汐ハ和田ノ奥或ハ牛ノ瀬川ヲ限ル」と記され、津波が松田川を遡り、河戸堰を... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午の刻、地震が発生し、これに伴い津波が起こり、前浜の東の古湊の切戸を押し切って大潮が北上して伊都多神社の前から東の窪まで... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が押し寄せて400余人の溺死者を出した。(宝永津浪溺死之塚の碑文による) 続きを読む