昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月26日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風の影響で、東洋町野根では高さ10mの大波が押し寄せ、平常の波打ち際より150~200m離れた住家地帯にも押し寄せた。県下の被害は、死者4人、負傷者78人、家屋の全壊66棟、半壊65棟、田の流失33ha、冠水68ha、畑の流失9ha、冠水17ha、道路損壊36箇所などの被害が出た。死者のうち1人は安芸土木出張所の職員で、26日午後3時半頃、安芸市伊尾木の大山岬の国道55号脇で災害状況調査の写真撮影中に髙波にさらわれた殉職した。
地理院地図
Googleマップ
備考
安芸土木出張所の職員が髙波にさらわれた現場の大山岬と高知県安芸総合庁舎前には、殉職の碑が建立されている。
参考画像
参考文献
高知県土木史編纂委員会編「高知県土木史」(高知県建設業協会、1998年)、482-483頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風 死者 髙波
NO.
高知3384

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)が室戸岬南方海上を経て、18時過ぎ和歌山県南部に上陸し北北東進した。高潮は26日18時~19... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が室戸岬南方海上から、18時過ぎに和歌山県南東部に上陸し、北北東進した。本県は経路の西に位置し、雨量は少な... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、徳島県下の被害は死者4人、行方不明1人、負傷者24人、家屋全壊25戸、半壊37戸、水... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日~27日の伊勢湾台風により、県内では負傷者4人、家屋の全壊11戸、半壊8戸、流失2戸、床上浸水52戸、床下浸水1,29... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)が襲来し、東海岸は大波により相当の被害が出た。この記録は、当時、室戸岬町鹿岡鼻から南を担当し... 続きを読む