昭和30年11月30日の大火

災害年月日
1955年11月30日
市町村
高知県田野町
災害種類
火災  
概要
昭和30年(1955)11月30日、田野町西町の製材工場から出火、3つの製材工場を含む8戸25棟が全焼、4戸が半焼。水利が悪く、発見が遅れたため、大火となった。損害約5,000万円。(高知新聞による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1050頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 西町
NO.
高知3414

よく似た災害

昭和34年の火災

昭和34年(1959)5月18日夜、野市町中ノ村の製材工場から出火し、全焼12戸、半焼2戸、59人が焼け出され、被害総額は1,168万円余となった。 続きを読む

昭和57年の大火

昭和57年(1982)11月22日、原地区の木工製造工場から出火し、強風で大火となった。 続きを読む

昭和23年1月14日の大火

昭和23年(1948)1月14日、高知市種崎で大火、造船工場など9棟と隣接11戸を全焼、4戸半焼。(高知新聞による) 続きを読む

昭和33年の大火

昭和33年(1958)3月5日、春野町弘岡中の南部で大火、強風下86戸が全半焼。水止めで水路がからっぽであったため、消防車50台が立ち往生、損害約4,... 続きを読む

昭和30年11月11日の大火

昭和30年(1955)11月11日、窪川町上町で大火、18戸全焼、国バス窪川営業所尞も焼けた。断水で消防車が活動できず、損害約1,000万円。(高知新... 続きを読む