昭和7年の洪水

災害年月日
1932年09月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため、局地的に大雨となった。伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が発生し、久万川、鏡川が氾濫した。各地の降雨量は桑尾340ミリ、伊野328ミリ、大野見321ミリ、地蔵寺260ミリ、中村251ミリ、本山234ミリ、高知230ミリ、三原・芳生野・長者・越知・穴内300ミリ以上に達した。県下の被害者死者18人、負傷者21人、行方不明1人、家屋の全壊17戸、半壊16戸、流失6戸、床上浸水4,343戸、床下浸水8,532戸に及んだ。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1072頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 大雨 死者 高知県災害異誌
NO.
高知3432

よく似た災害

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号により、県下の被害総額は35億円以上に達した。三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

昭和35年の台風11号

昭和35年(1960)8月11日5時、台風11号が安芸市付近から上陸し、徳島県西部を北上し、中国地方を横断して日本海に抜けた。雨は剣山から雲早山にかけ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月10日夜から12日朝にかけて、台風17号が九州南西海上に停滞した。県中部と東部では強い雨が降り続き、高知市では日雨量50ミリ... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月25日から30日にかけて、台風21号により、四国地方では500ミリ以上の豪雨となった。高知県下の被害は床下浸水3棟、被害額1... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。21日~24日の降水量は土佐清水495ミリ、三原875ミリ、川崎941ミリ、大正959ミリ... 続きを読む