昭和12年の台風

災害年月日
1937年09月11日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和12年(1937)9月11日、台風が土佐湾西岸沿いに北東進した。県下の雨は東部が早く、8日昼から始まり、10日多い所で400ミリを超えた。県下の被害は死者10人、負傷者16人、家屋の全壊306戸、半壊1,820戸、流失6戸、床上浸水534戸、床下浸水2,666戸などに及んだ。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1073頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 高知県災害異誌
NO.
高知3434

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日午後2時、台風が鹿児島県阿久根市付近に上陸し、北九州を経て山陰から日本海に抜けた。愛媛県では8日から豪雨となり、河川... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月14日~20日、台風19号による強風と大雨で、県下の被害は死者2人、負傷者2人、家屋の全壊1戸、半壊1戸、床上浸水116戸、床... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月15日~17日、台風19号による大雨と強風で、県下の被害は死者3人、負傷者3人、家屋の全壊15戸、半壊11戸、流失4戸、床... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により県下の被害は死者9人、負傷者9人、家屋の全半壊89戸、被災者13,991人、損害額22億円。(「愛媛県史... 続きを読む