享保6年の洪水

災害年月日
1721年00月00日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)、大洪水のため堤防が切れ、奈半利中に水が入り、非常に難儀した。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では享保6年(1731)となっているが、享保6年(1721)に修正した。
参考文献
樋口中著「奈半利川の今昔」(北川村史談会・北川村教育委員会、1983年)、3頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 奈半利川 堤防決壊
NO.
高知3502

よく似た災害

文化13年8月2日の風雨

文化13年(1816)8月2日、大風雨あり、田野の堤防が切れる。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」による) 続きを読む

文化13年8月23日の風雨

文化13年(1816)8月23日より大風雨あり、田野の堤防が切れ、170間大普請。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」によ... 続きを読む

文化12年の風雨

文化12年(1815)7月8日、大風雨となり、奈半利川筋堰一箇所もなし。田野渡場の堤防が切れ、田野に水入る。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町... 続きを読む

享保元年の洪水

享保元年(1716)7月3日、大洪水があり、長山、浜戸、田野の立岡、開、野友の滝川原等の田畑は流失・埋没、または砂入りとなった。(「高知年鑑」、「田野... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月4日、大暴風雨により、奈半利川の堤防が決壊した。高知市の雨量は459.7ミリであった。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半... 続きを読む