宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、その後海嘯が昼夜12回襲来し、5日暁に至ってようやく止んだ。「変災録」により、各村の被害状況を記すと以下のとおりである。中村では、地震により三分の二の家が倒れ、潮は町まで、渡川の潮は岩崎境脇田の池限り。宇山では、潮は町まで、津ノ崎境に三十端の船一船打ち上がる。津野崎では、潮は町残りなし。不破では潮は八幡の並松まで。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村町役場編「中村町史」(中村町役場、1950年)、229頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 変災録 渡川
NO.
高知270

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後1時前後に大地震が発生し、その後津波が来襲して、被害は甚大となった。南路志によると、各地の被害の状況は以下のとおりで... 続きを読む

宝永4年の地震津波

宝永4年(1707)10月4日の宝永地震による土佐市域の津波被害の様子は「谷陵記」に記されている。仁淀川の潮は八田村の渡場まで達し、新居村は全滅した。... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道大地震により、潰家、死傷夥し、津波高く、土佐国死者2千人。例えば、宇佐では、潮は橋田の奥、宇佐坂の麓萩谷口まで、... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃、大地震が起こった。山々は崩れ、大地は割れ、潮水はあふれ出て、人家は倒壊し、山里の者は崩れた土砂や岩石に打た... 続きを読む