元仁元年の台風

災害年月日
1224年10月02日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
元仁元年(1224)8月18日、大風。百練抄には「成人云う、土佐国一宮、去る8月18日以後22日に至る大風大木などてん倒す、この日神殿以下一字を残さずてん倒すと」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、4頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 百練抄
NO.
高知3579

よく似た災害

元仁元年の台風

元仁元年(1224)8月18日から22日、大風により、土佐国一宮で大木など転倒す。(「百練抄」による) 続きを読む

寛延元年の水害

寛延元年(1748)9月3日、郭中で浸水。森広定の日記には「自分門前などは一尺もたつ」と記されている。 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月28日、台風、高潮。南路志には「28、29両日大風大雷雨にて民屋、耕作の損傷寛文6年(1666)より大にして被害甚大」と記さ... 続きを読む

宝暦7年の水害

宝暦7年(1757)7月26日、郭中で浸水。森広定の日記には「門前など腰へ立つ」と記されている。 続きを読む

仁和3年の南海地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖大震が起こった。理科年表には「庁舎てん倒し津波あり死傷多し」と記されている。日本地震資料には「五畿七道大いに震う... 続きを読む