建長6年の雷雨

災害年月日
1254年09月01日
市町村
高知県
災害種類
その他(雷雨)  
概要
建長6年(1254)7月18日、雷雨。池川年代記には「正八ツ時(14時)俄に四方より雲立ち塞ぎ闇の如し、神風、神雨忽ち起り風邪は一しまきにて止り太雷荒雨さくるが如く光る事只燃ゆるが如くに打続き夜九ツ下刻(1時)迄凡そ六ツ時が間鳴続き誠にすざまじき事也、是により諸人人心に志す」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、5頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雷雨 池川年代記
NO.
高知3580

よく似た災害

建長6年7月の台風

建長6年(1254)7月12日、大暴風雨。17日より良く18日まで雲立塞ぎ、荒雨さくるが如し。(「池川年代記」、「仁淀村史」、「高知県災害異誌」による... 続きを読む

宝暦7年の火災

宝暦7年(1757)8月12日夜九ツ時(午後12時)、西町の納屋から出火し、札場から南方、西蓮寺まで家39軒を焼失した。 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時(午後12時)、地震あり、田地ことごとく割れ、みぞや石垣が崩れた。住民は18日まで山林に逃げた。 続きを読む

建長6年6月の豪雨

建長6年(1254)6月18日、俄かに雲立騒ぎ荒雨、大雷する。19日、また雷雨あり、21日神雨、神雷光とどろく。(「池川年代記」、「仁淀村史」、「高知... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ下刻(午前0~1時)、大地震が起こった。福井の森家の「永代記」によると、所々堤防が破れ、川筋の水が濁り、所々で山崩... 続きを読む