慶長9年7月の風雨

災害年月日
1604年08月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
慶長9年(1604)7月13日、風雨。阿闍梨暁印置文には「不時頓に大風吹来り洪水湧く、山の竹木を吹倒し諸の作物根葉を枯らし家微塵に吹なし、山は河となり渕川は山と埋れ人の首を吹切るほどの大風なれば深山幽谷の民等土木におされて死するもあり、或は半死半生の消息凡て国土の人民何万とも計られず」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、6頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 阿闍梨暁印置文 洪水 死者
NO.
高知3581

よく似た災害

慶長9年の風雨

慶長9年(1604)7月13日、風雨。阿闍梨暁印置文によると、「不時頓に大風吹来り洪水湧く、山の竹木を吹倒し諸の作物根葉を枯らし家微塵に吹なし、山は河... 続きを読む

慶長9年7月の台風

慶長9年(1604)7月13日、大風吹き、洪水湧き、山の竹木を吹き倒し、もろもろの作物根葉を枯らし、家微塵に吹きなし、山は河となり、淵河は山と埋れ、人... 続きを読む

慶長9年8月の風雨

慶長9年(1604)8月4日、風雨。暁印置文には「大風洪水、浜の砂を吹上げ」と記されている。 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により、6,200余軒破損、死者81人(「御家年代略記」による)。暁霞村史によると、国内の家損15,466軒、損... 続きを読む

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日大風雨、夜に入り尚やまず出水。10日5ツ時(8時頃)より大風雨となり、北東の風強く、樹木を吹き倒せり。11日も北東の風にて... 続きを読む