慶長9年8月の風雨

災害年月日
1604年08月28日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
慶長9年(1604)8月4日、風雨。暁印置文には「大風洪水、浜の砂を吹上げ」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、6頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 暁印置文 洪水
NO.
高知3582

よく似た災害

慶長9年7月の風雨

慶長9年(1604)7月13日、風雨。阿闍梨暁印置文には「不時頓に大風吹来り洪水湧く、山の竹木を吹倒し諸の作物根葉を枯らし家微塵に吹なし、山は河となり... 続きを読む

慶長9年の風雨

慶長9年(1604)7月13日、風雨。阿闍梨暁印置文によると、「不時頓に大風吹来り洪水湧く、山の竹木を吹倒し諸の作物根葉を枯らし家微塵に吹なし、山は河... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む