寛永14年の風雨

災害年月日
1637年08月23日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
寛永14年(1637)7月4日、風雨。(「奈半利町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、7頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 奈半利町史
NO.
高知3585

よく似た災害

寛永3年の大雨

寛永3年(1626)8月、大雨、洪水。(「高知市史」、「田野文化史」による)堤防決壊。(「奈半利町史」による) 続きを読む

寛永3年の大雨

寛永3年(1626)4月から雨がほとんど降らず、8月に至って大雨が降り続いて大洪水となり、奈半利の堤防が決壊した。堤防構築したのは寛永16年(1639... 続きを読む

昭和25年の火災

昭和25年(1950)2月19日、火災により、奈半利町の住家272世帯が全焼した。奈半利町に災害救助法が適用された。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜で火災、東西の人家6軒を残すのみ。(「奈半利町史考」による) 続きを読む

文化12年の風雨

文化12年(1815)7月8日、大風雨となり、奈半利川筋堰一箇所もなし。田野渡場の堤防が切れ、田野に水入る。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町... 続きを読む