寛文6年の風水害

災害年月日
1666年08月04日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)7月4日、10日及び15日、風水害。亀歴通記には「7月3、4、10、11、15日、土佐洪水七郡損毛、流家損船死人多、被害合計土地56,600石、米4万石、井関川除9,050所、家流6,158、船119、流材69,400、薪45,600把、紙楮3,820目、風失人119、牛176、馬506」と記されている。南路志には「数々風水洪水あり、七郡の損毛流失夥しく田畑の損害81,300余石、死傷151名、百姓年貢を4分6と定む」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、8-9頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害 亀歴通記 死者 南路誌
NO.
高知3592

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)8月4日、10日、15日、三度の集中豪雨のため、仁淀川は大洪水となった。土佐七郡損毛、流家損船死人多、被害は土地56,600石、風... 続きを読む

寛文2年の風水害

寛文2年(1662)6月29日及び7月2日、風水害。御家年代略記には「29日、2日両度の洪水により田畑4万石損毛」と記されている。 続きを読む

久安6年の風水害

久安6年(1150)、風水害。日本凶荒史考には「この年風水、諸国飢窮す」と記されている。本朝世期には「阿波、讃岐、土佐等11ヶ国司申す、失損により去年... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む