元禄13年の突風

災害年月日
1700年08月14日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
元禄13年(1700)6月30日、突風。南路志62巻には「朝辰刻(8時)丑寅方より大風砂雨を飛すが如し、巳の刻に申酉の方より大風黒雲煙の如く巻き上げ火煙かと疑う所、西町四町目辺より大屋小屋将棋倒しに吹潰す。郭中北奉公人町二丁目より東は寅年大火事焼止る所まで南北少々残る。北は渋谷次兵衛、南は森三右衛門より東川岸端まで残らず捻倒し大方は諸道具等も行方不知に飛行す。其外町々屋根吹き剥れ捻切れたる家数を知らず。東は野市辺、西は仁淀川限り大風、其外は少々の風雨」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、10-11頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
突風 南路誌
NO.
高知3608

よく似た災害

昭和31年の突風

昭和31年(1956)1月28日、突風のため、櫛生海岸でバスが海中に転落し、全員行方不明になった。 続きを読む

元禄13年6月の風雨

元禄13年(1700)6月30日、大風雨、洪水。8時北東方より大風砂雨を飛ばすが如し、家屋の被害多し、死者出る。(「皆山集」、「高知県災害異誌」による... 続きを読む

宝永4年8月の台風

宝永4年(1707)8月19日、大風、高潮。玉仙院様御行状記には「18日子の刻(2時)より東北より風吹き五ツ(8時)に辰巳の方より大風、四ツ(10時)... 続きを読む

安政4年7月1日の風雨

image

安政4年(1857)7月1日、風雨。真覚寺日記には「波大いに高し。五ツ半(9時)頃より大風雨九ツ(12時)前に至り雨止み風穏になる。作物少々宛いたむ。... 続きを読む

享保13年4月7日の火災

享保13年(1728)4月7日午の刻(正午)、中村下町(西下町)で残らず約130軒焼失。(宮崎記録による) 続きを読む