元禄15年12月22日の火災

災害年月日
1703年02月07日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
元禄15年(1702)12月22日夜、小高坂北町より出火し、13軒焼失した。(「弘列筆記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、12頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 小高坂北町 弘列筆記
NO.
高知3614

よく似た災害

元禄15年12月20日の火災

元禄15年(1702)12月20日酉の刻、浦戸町より出火、朝倉町、西新堀町等数町、600間軒を焼失した。同夜、安芸浜でも40軒焼失した。(「弘列筆記」... 続きを読む

元禄15年12月14日の火災

元禄15年(1702)12月14日酉の刻、細工町、東横町より出火、東西両側横町、新市町、蓮池町等都合五町で114軒焼失した。(「弘列筆記」による) 続きを読む

宝永5年の火災

宝永5年(1708)11月28日子の刻、浦戸町より出火五十数軒焼く。(「弘列筆記」による) 続きを読む

元禄12年の火災

元禄12年(1699)閏9月12日、火災。弘列筆記には「未の刻(14時)種崎町より出火、風なく殊に白昼なれ共去年のこと思い出し逃げる用意のみして火を救... 続きを読む

天明3年12月の火災

天明3年(1783)12月14日昼4ツ時、西新町より出火し、夜7ツまで町の多くが焼失した。(「富岡町志」による)/12月14日午刻(正午頃)、那賀郡富... 続きを読む