正徳4年8月の風雨

災害年月日
1714年09月16日
市町村
高知県
災害種類
風水害  高潮  
概要
正徳4年(1714)8月8日、風雨、高潮。南路志には「大風雨大波鳴る上灘区しけ申し夜須浜の辺は大変の潮より高く堤を打越す」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 高潮 南路志
NO.
高知3637

よく似た災害

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

正徳5年11月の風雨

正徳5年(1715)11月8日、雷雨。南路志には「11月8日申上刻(16時)より雨夜中大風雨洪水、戌刻より子中刻(21~1時)引きらず雷雨止まず前代未... 続きを読む

慶長9年8月の風雨

慶長9年(1604)8月4日、風雨。暁印置文には「大風洪水、浜の砂を吹上げ」と記されている。 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む