正徳5年の火災

災害年月日
1715年12月28日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
正徳5年(1715)12月3日、火災。南路志には「3日、御小人町大火三百五六十軒焼ける。火元南奉公人町二丁目。通町3、東川筋、水通2、東川端焼ける。8日高岡、一宮も残らず焼ける。夜中より百余焼く。」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 南路志 御小人町
NO.
高知3642

よく似た災害

宝永2年の火災

宝永2年(1705)11月14日、火災。弘列筆記には「子の刻、小高坂越前町より出火、南川原まで焼抜き築屋敷、片輪町一丁目、北奉公人町、本町、水通町、通... 続きを読む

正徳5年11月の風雨

正徳5年(1715)11月8日、雷雨。南路志には「11月8日申上刻(16時)より雨夜中大風雨洪水、戌刻より子中刻(21~1時)引きらず雷雨止まず前代未... 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月、久万町村で出火、御茶屋ならびに民家残らず家屋196戸焼失。(「増田家記」による) 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月、久万町村で出火、御茶屋ならびに民家残らず家屋196戸焼失。(「増田家記」による) 続きを読む