享保12年の火災

災害年月日
1727年03月23日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
享保12年(1727)2月1日午の下刻(13時)城西・越前町・伊野辺方より出火、西南烈風にあおられ火は東方に延び、高知城の本丸にまで延焼した。1日の焼失は侍屋敷205軒、町方1,163軒、郷分397軒に及んだ。また、2日下刻(15時)昨日の火元の伊野辺の南隣より出火、北西の烈風により郭中、町方などに延焼した。未曾有の大火で、一朝にして焼土と化した。2日の焼失は侍屋敷187軒、町方1,304軒、郷分325軒に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 伊野辺
NO.
高知3658

よく似た災害

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、越前町から出火し、西南の烈風にあおられ、火は数條に分かれて東方に延び、高知城では三の丸、二の丸、本... 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午後、小高坂村越前町から出火し、たちまち東方に延焼し、火は城中の本丸、二の丸、三の丸など城楼全てを焼失し、侍屋敷250軒... 続きを読む

明治34年の火災

明治34年(1901)2月1日午後2時頃、向坂で出火し、谷から吹き上げる烈風で近隣に延焼した 続きを読む

延享3年の火災

延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、上町から南町に延焼した。焼失家屋は城下2,185軒、郷分256軒で、焼死者55人であった。 続きを読む

享保17年の火災

享保17年(1732)閏5月12日、城下裏町一丁目から出火、侍屋敷37家、無足屋敷23家、下屋敷、長屋をはじめ、町家は334軒を焼失した。 続きを読む