享保13年2月の火災

災害年月日
1728年03月29日
市町村
高知県須崎市
災害種類
火災  
概要
享保13年(1728)2月19日九ツ(12時)頃、古市町より出火、烈風のため延焼。七ツ半(15時)、鎮火。町家196軒、寺3、侍家24軒、その他計225軒が焼失した。(「佐川町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、21-22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 古市町 佐川町史
NO.
高知3660

よく似た災害

享保17年の火災

享保17年(1732)10月13日夜五ツ時(20時)古市町より出火、侍屋敷、光明寺並びに町家等154軒焼失。(「佐川町史」による) 続きを読む

享保元年の火災

享保元年(1716)、松山城下杉谷より出火、武家屋敷189軒が焼失した。 続きを読む

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津から出火し、室津浦に延焼した。この火事で、浮津170軒、室津112軒が焼失した。 続きを読む

貞享2年の火災

貞享2年(1685)3月26日夜、新町から出火し、翌日、淡路町(現在の秋田町付近)まで延焼し、家数467軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

享保7年の火災

享保7年(1722)12月5日暁子の刻(0時)、古市町より出火、風激しく大火となり、105戸焼失。(「佐川町史」による) 続きを読む