安政元年の地震

災害年月日
1854年00月00日
市町村
徳島県那賀町(相生町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)、大地震。相生村では、伝聞として「山へ木を拾いに行っておった女子供は揺られて地上に倒れ叫ぶもあれば、猪垣が崩壊して、その石が四方へ転げるのもあった。山腹の田などは破れてさげること数十か所以上百か所もあり三日三晩ゆりつづいた」という話が残されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
相生町史編纂委員会編「相生町誌」(相生町、1973年)、1565-1566頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 土砂災害
NO.
徳島2

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日5ツ時(午前8時)に大地震があり、また7ツ時(午後4時)長い揺れの地震が起こった。新開地などには亀裂が生じ、家屋は傾き、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午後4時から地震が始まり、翌5日は最も激烈で、人々は家にいたたまれず、籔に逃げるもの、庭前に小屋をかけてわらを敷いて露宿... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)霜月4日を始めとして、大地震が起こった。江野島の古老(当時7歳)が津波に備えて中庄の観音山に避難したことなどの体験談が記されている... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が起こった。中ノ浜に生まれた池道之助清澄の「嘉永七寅年地震津浪記」によると、大地震により人々... 続きを読む