明和2年8月8日の台風

災害年月日
1765年09月22日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其他所々崩、翌年15ヶ所修理」と記されている。田野文化史及び暁霞村史にも、風雨と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 堤防決壊 奈半利町史 室津湊番久保家記録
NO.
高知3724

よく似た災害

享保15年の風雨

享保15年(1730)7月24日、風雨。室津湊番役日記には「夜大風雨、室津浦御米蔵一軒3間10間吹潰、地下屋敷60間吹潰す」と記されている。 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

明和9年の台風

明和9年(1772)8月20日夜より大暴風雨、長浜寺銀杏の大木本堂にもたれる。保佐散乱し、番人にさらわれる。(「(田野文化史」による)暁霞村史には、風... 続きを読む