明和9年の台風

災害年月日
1772年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明和9年(1772)8月20日夜より大暴風雨、長浜寺銀杏の大木本堂にもたれる。保佐散乱し、番人にさらわれる。(「(田野文化史」による)暁霞村史には、風雨と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 長浜寺 田野文化史 暁霞村史
NO.
高知3730

よく似た災害

明和2年8月8日の台風

明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其... 続きを読む

明和8年の台風

明和8年(1771)8月20日夜から大暴風雨となり、長法寺の銀杏の大木が倒れて本堂にもたれた。福田寺の大松が大門にかやり、人家の瓦はほとんど飛び、漁船... 続きを読む

宝暦元年閏6月12日の台風

宝暦元年(1751)閏6月12日、暴風雨により、海上波浪荒れ船数十隻破損、死者100余人に及ぶ。(「亀歴通記」による)田野文化史には「11日より大風」... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月19日、台風が安芸に上陸し、高松を通った。田野文化史には「8月奈半利川大洪水堤切」と記されている。 続きを読む

明和2年8月2日の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大風水、町に汐入、大橋、新町橋落ち、橋本の家3軒流る、東町潰家数々。(「田野文化史」による)奈半利町史には「大洪水... 続きを読む