安永8年の桜島噴火

災害年月日
1779年11月08日
市町村
高知県室戸市
災害種類
火山災害  
概要
安永8年(1779)10月1日夜亥刻(22時)より灰のような砂降り出し、翌昼頃まで降った。(「室津湊番役旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
桜島噴火 降灰 室津湊番役旧記
NO.
高知3741

よく似た災害

安永8年の桜島噴火

安永8年(1779)10月1日、桜島噴火により、夜11時頃から灰のような砂が降り始め、翌2日頃まで降った。佐喜浜から羽根まで大いに降り、その他は少し降... 続きを読む

享保15年の風雨

享保15年(1730)7月24日、風雨。室津湊番役日記には「夜大風雨、室津浦御米蔵一軒3間10間吹潰、地下屋敷60間吹潰す」と記されている。 続きを読む

安永8年の桜島噴火

安永8年(1779)10月1日夜中より、戸障子が震動し、その後聞けば、薩摩桜島が焼失したとのこと。 続きを読む

安永8年の桜島噴火

安永8年(1779)10月1日、桜島が噴火し、降灰がおびただしかった。古文書によれば、「紀州熊野、土佐海辺、尾州、関東辺、及江戸、小灰降事雪の如し、是... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日夜、点灯後に戸や障子ががたがたと鳴り出した。やがて音は小さくなったが鳴りやまず、海軍の演習だという者もあり、遠い所の地震... 続きを読む