昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により各所崩壊。特に那賀川北岸の被害大。平谷、川口に通じる県道、交通杜絶が2ヶ月間に達す。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では1月22日となっているが、12月21日に修正した。
参考文献
木頭村誌編纂委員会編「木頭村誌」(木頭村、1961年)、1014頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 交通杜絶
NO.
徳島7

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、柳瀬で岩石転落により3名死亡。丹生谷線の各所が崩壊し、特に平谷~川口間の県道の交通杜絶2ヶ月間に... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。震度4、地盤沈下0.5~1m、道後温泉の湧出が約3ヶ月間止まる。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震により、愛媛県の被害は死者26人、負傷者32人、家屋の全壊553戸、半壊790戸、道路等の損壊1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む