寛政7年の洪水

災害年月日
1795年10月11日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死人あり。(「高知市史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 天神橋 死者 高知市史
NO.
高知3760

よく似た災害

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死人あり。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死者あり。 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、洪水が天神橋南詰の堤防を破って家を流して死者を出した。 続きを読む

寛保元年の洪水

寛保元年(1741)6月7日、洪水。高知市史には「潮江真如寺堤30間ばかり切れ人家20余軒流失」と記されている。 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、天神森井流、大橋南詰切れる。水位は1丈に達した。 続きを読む