享和元年の洪水

災害年月日
1801年08月11日
市町村
高知県北川村
災害種類
風水害  
概要
享和元年(1801)7月3日、大水。北川風土記には、各地の田畑が流失したり、砂が入ったことが記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 北川風土記
NO.
高知3765

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)8月19日から20日かけて、吉野川で風雨、洪水により、川成(田畑に土砂が流入し河原のような荒廃地になった状態)、砂成(砂が入った程... 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)7月、吉野川洪水。学島村の記録には、洪水による被災者を救済したことが記されている。 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が起こり、津波により香美郡田村下庄にあった正興寺の古文書が流失した。また、この時の津波により... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が起こり、津波により香美郡田村下庄にあった正興寺の古文書が流失した。また、この時の津波により... 続きを読む