享和2年の火災

災害年月日
1803年01月22日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
享和2年(1802)12月29日朝四ツ時(10時)細工町より出火、西風強く山田町、廿代町、蓮池町、紺屋町、新堀、菜園場、農人町、森町、鉄砲町を通じて一戸を残さず、下知村の農家に及び焦土と化し夜六ツ時(18時)鎮火した。1,100軒余焼失。(「高知市史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 細工町 高知市史
NO.
高知3767

よく似た災害

享和2年の火災

享和2年(1802)12月30日朝四ツ時(10時)、細工町から出火し、西風烈しく山田町、廿代田、蓮池町、紺屋町、新堀、菜園場、農人町、新町、鉄砲町を通... 続きを読む

享保4年の火災

享保4年(1719)4月28日、室屋町で火災、80軒余焼失。(「今治拾遺」による) 続きを読む

享保13年4月21日の火災

享保13年(1728)4月21日午の刻、上三町(本町、上町、紺屋町、中ノ丁、東町等)残らず400軒余焼失。(宮崎記録による) 続きを読む

正徳6年の火災

正徳6年(1716)4月8日、海部郡浅川浦で大火が発生し、漁家、商家200余戸を焼き、浦中を焦土と化した。(「海部郡誌」による) 続きを読む

天保7年の火災

天保7年(1736)12月1日、北新町出火、30軒余焼失。 続きを読む