文化2年の洪水

災害年月日
1805年06月30日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
文化2年(1805)6月4日、洪水により領地で損田が過半となったため、下川口村では郷士が辞職願を出している。下川口村史には「不意の洪水に川筋破損埋れ上り亡所同様に相成り、領地過半損田仕り職分相立難く是非に及ばず拝辞願い事候」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 下川口村史 郷士辞職願
NO.
高知3771

よく似た災害

文化2年の洪水

文化2年(1805)6月4日、洪水により川筋破損埋もれ上がり、亡所と同様になった。(「下川口村誌」による) 続きを読む

文化2年の洪水

文化2年(1805)6月4日、洪水により川筋破損埋もれ上がり、亡所と同様になった。このため、佐井三右衛門という片粕の郷士がその職を辞するに当たり、同僚... 続きを読む

延宝7年の火災

延宝7年(1679)、火災により、下川口浦中残らず焼失。(「下川口村誌」による) 続きを読む

大正9年の洪水

image

大正9年(1920)8月15日午後3時頃より雷鳴、降雨ともに甚だしく、雨粒は大豆粒以上で、雨というよりは水を注ぐが如くであった。この大雨が2、3時間継... 続きを読む

昭和6年の洪水

昭和6年(1931)10月13日、洪水により宗呂橋、松の尾橋等が流失し、この橋が下川口橋にかかると間もなく下川口橋も南半分を残して流失した。この被害に... 続きを読む