文化6年の大雨

災害年月日
1809年07月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
文化6年(1809)6月17日、大雨。池川年代記には「大雨水出水により土居竹之谷渡り得ず、小表の大還に相詰る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 池川年代記 洪水
NO.
高知3775

よく似た災害

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

文政5年の大雨

文政5年(1822)6月3日~4日、大雨、西部大洪水川々堤及び田地等大破損。(「御家年代略記」による)中村町史には「5月29日夜より大風雨、6月2日大... 続きを読む

天明8年7月22日の大雨

天明8年(1788)7月22日、大雨。御家年代略記には「22日より25日に至る連日の大雨にて洪水、潮江天神の森、役地堤切れ勝ヶ瀬村、領家村、韮生、久保... 続きを読む

文化13年閏8月の洪水

文化13年(1816)閏8月2日~3日、洪水。(「太平寺覚書」による)安芸郡史考には「田野堤切れ」と記されている。 続きを読む

文化5年の風雨

文化5年(1808)6月25日、風雨。北川風土記には「杉林大傷み(新井来助日記)」と記されている。 続きを読む