文化12年の風雨

災害年月日
1815年08月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月6日~8日、風雨、洪水により、国中被害夥しく、死者83人、流失家屋181軒、損害数万石。(「御家年代略記」による)立田村誌には「8日物部川の山田セキ以南両岸殆ど決壊、小田島以南は勿論西稲生、東吉川までも浸水、も延べ川は上咥内の西を流れ三島と田村前浜を通る。山田セキは12箱(180間)を流され床の深さ23尺、小田島の赤刎北から明治村境まで堤防決壊、蔵福寺島の東端堤防から川中へ南東に突出した打流しも一掃される」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 死者 御家年代略記 立田村誌
NO.
高知3778

よく似た災害

天和3年の洪水

天和3年(1683)6月20日、物部川は大洪水となり、川筋の小田島から南へ久枝の付近まで立家は全部流失した。このため、山田島は東岸の片地村林田のうち、... 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)6月24日、梅雨による洪水のため、山田堰の右岸部損壊、堰裏から小田島堤防まで61間半壊。 続きを読む

大正4年の大雨

大正4年(1915)6月24日、大雨により物部川中上流で100ミリを越え、下流は氾濫となった。立田村誌には「大雨洪水で山田堰西部の主要部を一掃、堰裏か... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日より暴風雨うち続き、8日に至り物部川山田堰以南両岸の堤塘はほとんど全部決壊して、小田嶋以南はもちろん、西は五台山、東は吉... 続きを読む

文化14年の干ばつ

文化14年(1817)4月から8月まで日照り続く。大社から小社に至るまで雨乞い祈願。鵜足郡で一番やけたのは岡田上村で、二番は造田村。内田下所免は一帯に... 続きを読む