文化14年の台風

災害年月日
1817年10月19日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
文化14年(1817)9月9日、台風。室戸町誌には「夜半亥の頃から俄に大北雨時化、大納屋の市艇二網切れて吹流さる、丑の刻(2時)頃からタカマゼ(高南風)強く大浪となる。浦中大いたみ網家倉とも吹きはがれ」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 室戸町誌
NO.
高知3781

よく似た災害

昭和20年10月の台風

昭和20年(1945)10月3日、台風により、伊方村では8時頃から10時まで大雨となり、水害を受けた。また、10日夜北風強く大雨降り続き、午後やや弱く... 続きを読む

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月25日より風雨、26日午前6時頃から大風大雨となり、午後6時頃から8時頃まで大洪水となった。山路村の人家に水が上がり、庄屋宅に... 続きを読む

天保6年5月の風水害

天保6年(1835)5月13日、14日、大雨、21日朝より極大雨、朝一番鳥の頃、水枕に相成り。川筋一円大いたみにて流れ物多、損田流失砂入、近代の大いた... 続きを読む

天保6年5月の風水害

天保6年(1835)5月13日、14日、大雨、21日朝より極大雨、朝一番鳥の頃、水枕に相成り。川筋一円大いたみにて流れ物多、損田流失砂入、近代の大いた... 続きを読む

大正3年9月の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、八幡浜付近の降水量が200ミリの大風雨となり、居宅大いたみ。(「町見郷土誌」による) 続きを読む