天保3年の風雨

災害年月日
1832年10月04日
市町村
高知県高知県
災害種類
風水害  
概要
天保3年(1832)9月11日、風雨。室戸天災資料には「11日夜五ツ時(20時)よりいなき高まぜにかわし、同刻より明七ツ時(4時)頃まで俄に稀なる大波立ち相成り舟倉沖の方囲い残らず打つぶし」と記されている。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 室戸天災資料
NO.
高知3791

よく似た災害

天保8年の高波

天保8年(1837)8月6日、大波立ち、津呂・室津の両港が大破した。 続きを読む

天保10年8月の大雨

天保10年(1839)8月8日朝4ツ時より降り出し、翌9日も本降りとなった。谷水古今稀なる大水。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保6年6月の風水害

天保6年(1835)6月19日、7月25日、閏7月6日~7日、21日、風水害、130,818石余損亡、死人男3人。(「徳島県史料年表」による)/7月2... 続きを読む

天保6年6月の風水害

天保6年(1835)6月19日、7月25日、閏7月6日~7日、21日、風水害、130,818石余損亡、死人男3人。(「徳島県史料年表」による)/7月2... 続きを読む

天保8年8月の風水害

天保8年(1837)8月13日、14日、風水害、53,715石損亡、11月28日届出。(「徳島県史料年表」による)/稲作至極よろしきところ、11日より... 続きを読む