天保7年の大雪

災害年月日
1836年11月26日
市町村
高知県土佐町
災害種類
雪害  
概要
天保7年(1836)10月18日朝より夕方まで大雪、最晩稲稔らず、米価昇る。(「森村史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 森村史
NO.
高知3798

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震。5日7ツ時(午前4時)より夕方まで何度も地震。6日9ツ時まで大小4回地震。7日朝よりゆうまで6、... 続きを読む

天保12年の大雪

天保12年(1841)3月17日4ツ時より夜中まで雨、極めて寒く候ところ、18日朝上郡高山勝浦山の方一円大雪、藍植時に雪ふり申すこと先年より無之。(「... 続きを読む

天保12年の大雪

天保12年(1841)3月17日4ツ時より夜中まで雨、極めて寒く候ところ、18日朝上郡高山勝浦山の方一円大雪、藍植時に雪ふり申すこと先年より無之。(「... 続きを読む

寛正元年の台風

寛正元年(1460)8月晦日、大風吹き稲稔らず。(神恵院蔵の「弘化録」による) 続きを読む

天保3年の大雪

天保3年(1832)12月8日、大雪。21日、四寸位の大雪。(「歳々文政寄寺官神雨水照記万事覚附」による) 続きを読む