天保8年の高波

災害年月日
1837年09月05日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
天保8年(1837)8月6日、大波により、室津港大破。(「室戸町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高波 室津港 室戸町史
NO.
高知3800

よく似た災害

天保8年の高波

天保8年(1837)8月6日、大波立ち、津呂・室津の両港が大破した。 続きを読む

天保3年の髙波

天保3年(1832)9月11日、安芸郡に津波が襲い、室戸港、津呂港、室津港が破損。/史料掲載:「室戸町誌」、「安芸郡史考」 続きを読む

天保8年の台風

天保8年(1837)8月6日、暴風雨のため、室津港と津呂港が大破する。 続きを読む

天保3年の高波

天保3年(1832)9月11日、津波があり、津呂・室津の両港が破損した。翌年、修築した。 続きを読む

慶応2年5月の高波

慶応2年(1866)5月15日、岩崎の道両3日跡の大波により大崩れになる。/史料掲載:「晴雨日記」 続きを読む