弘化3年7月の風雨

災害年月日
1846年08月22日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月1日より3日間、風雨甚だしく出水。8日また風雨激しく人家多数破損、17日夜、大風雨。この年は数回の洪水があったため、「丙午の洪水」という。(「中村町史」による)7月9日の風雨について、下川口村史には「朝より凄じき暴風起り木を折り家を倒し、終日吹荒れ暮に至り止む。家大半倒れ、殊に下川口浦は殆ど全倒、城山及び横吹坂、分水の南北に亘る三尋半の巨松根元より吹倒さる」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 中村町史 下川口村史
NO.
高知3808

よく似た災害

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日朝から暴風が起こり、終日吹き荒れた。このため、村内の家屋は大半が倒れ、特に下川口浦ではほとんど全部倒壊した。古老によると、... 続きを読む

弘化3年7月の風雨

弘化3年(1846)7月朔日より風雨、3日風雨甚だしく、出水。8日まや風雨激しく人家多数破損。17日夜大風雨。この年は数回の洪水があって、俗に「丙午の... 続きを読む

延宝7年の火災

延宝7年(1679)、火災により、下川口浦中残らず焼失。(「下川口村誌」による) 続きを読む

弘化3年7月の大雨

弘化3年(1846)7月朔日より風雨。3日風雨甚だしく出水。8日また風雨激しく、9日風雨ますます甚だしく人家数多破損。17日夜、大風雨。この年、数度の... 続きを読む

弘化3年の洪水

弘化3年(1846)4月、大雨、度々出水。8月7日、風雨。9日風雨、甚だしく出水。29日また風雨激しく、30日ますます甚だしく、人家数多く破損。9月夜... 続きを読む