嘉永2年7月の風雨

災害年月日
1849年08月26日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日~11日、風雨。中村町史には「7月9日大風雨、夜に入りても止まず出水、10日8時より又大風雨となり4年前の丙午の年と同様北東風強く樹木を吹倒す。11日出水、両出水共平地(小姓町)より4、5尺高し」と記されている。綜合渡川史-上岡利太郎手記には「水は座より一尺揚る。風は荒し雨は暴し、下田横浜切れ居ると聞く、下町築地早々着ると夜分人々声して通る。古今稀なる暴風雨につき皆々迷惑相極候」と記されている。池川年代記の記述もある。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 中村町史 洪水 綜合渡川史 上岡利太郎手記
NO.
高知3812

よく似た災害

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日大風雨、夜に入り尚やまず出水。10日5ツ時(8時頃)より大風雨となり、北東の風強く、樹木を吹き倒せり。11日も北東の風にて... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)8月、暴風、大洪水、市中内、船廻り来る。水は座より1尺揚がる。風は荒れし、雨は暴し、下田損浜切れ居ると聞く。(「上岡利太郎手記」に... 続きを読む

嘉永2年8月の洪水

嘉永2年(1849)8月26日、大風雨、夜に入れても止まず出水。27日8時よりまた大風雨となり、4年前の丙午の年と同様に北東風強く、樹木を吹き倒す。2... 続きを読む

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む