嘉永3年の長雨

災害年月日
1850年00月00日
市町村
高知県
災害種類
その他(長雨)  
概要
嘉永3年(1850)春から夏にかけて、長雨。池川年代記には「春より霖雨、麦作十分、4月中旬より雨甚しく60日の間日、月、星の光を見ず。8月20日頃3、4日雨となる。1日半日晴といえども雨霧のかわく事なし」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 池川年代記
NO.
高知3814

よく似た災害

天明3年の長雨

天明3年(1783)春夏秋打ち続き霖雨にて、折々乾くといえども雨露の乾くことなし。百姓耕すといえども草枯れること再々なし。春寒植え付ける諸作は雨にやら... 続きを読む

宝暦4年の長雨

宝暦4年(1754)閏2月10日夜より雨天となり、3月8日に日和になるまでの28日間に23日雨、麦作過分の傷になる。(「南路志」による) 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月より雨が降り続き、9月になっても太陽を見ず、うんかが大発生し、農作物は実らなかった。住民は山野の青草を食べ、山の蔓の根まで食... 続きを読む

嘉永3年の長雨

嘉永3年(1850)6月~7月、長雨により松尾村で殊の外大被害。(「加茂社記」による) 続きを読む

嘉永3年の長雨

嘉永3年(1850)、霖雨長く、春より夏にかけて60日続く。(「池川年代記」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む