安政4年7月29日の風雨

災害年月日
1857年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)7月29日、七ツ(5時)頃より暮合まで大風雨、波荒汐甚だ高し。(「大変略記」による)真覚寺日記には「夜中大雨、九ツ半頃(13時)より黒雲東西へ馳違い八ツ半時(15時)より風雨ますます烈しく波陸へ上り海へ近き家々は壁を毀たれ諸道具をぬらし迷惑の場合、七ツ時(16時)より大時化、雨は篠を乱せる如く風は諸木を折り家を巻き上げ、船を損し恐ろしき事いうべからず」と記されている。太平寺覚書には「大風雨洪水」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、49-50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 大変略記 真覚寺日記 太平寺覚書
NO.
高知3827

よく似た災害

慶応3年の水害

慶応3年(1867)6月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「雨は篠を乱せる如し、市中水深くして往来する者一人もなし」と記されている。 続きを読む

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

文久3年の風雨

image

文久3年(1863)2月8日、風雨。「真覚寺日記」には「7日夜大風雨、波ますます高し。8日4ツ(10時)頃止む。波大いに高し」と記されている。 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む