万延元年4月の大雨

災害年月日
1860年05月27日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
万延元年(1860)4月7日~8日、大雨。真覚寺日記には「7日陰天五ツ半(9時)頃又雨、八ツ時(14時)より大雨塊を穿つ。夜中風添う。雨益々甚し。8日大雨終日少しも隙なく降る。本堂の跡の谷水大いに出る。昨年冬岸を築きし以来斯様の出水は今が始なり。夜中同断本堂諸所へ雨洩る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 真覚寺日記
NO.
高知3831

よく似た災害

万延元年5月の風雨

image

万延元年(1860)5月14日、風雨。真覚寺日記には「昨夜中別して風雨烈しく雨戸をたたき風枝を折り波の音雷の如し、恐怖て夜を明かす。薬師谷の水大いに漲... 続きを読む

万延元年4月の大雨

万延元年(1860)4月8日、大雨、夜中風添い雨ますます甚だしい。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

万延元年5月の大雨

万延元年(1860)5月11日より大雨、高潮、津浪。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

万延元年の大雨

image

万延元年(1860)4月8日、大雨により、松山城石垣崩れる。 続きを読む

万延元年の大雨

image

万延元年(1860)4月8日、大雨により、城内の北石垣側山も崩れる。(「三輪田米山日記」による) 続きを読む