文久2年7月の風雨

災害年月日
1862年08月09日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
文久2年(1862)7月14日、風雨。真覚寺日記には「大風雨、八ツ半(15時)頃よりますます烈敷、当三年覚えぬ大時化日入頃本堂動行する風強く戸をたたき畳を吹上るよふに覚え、尻こそばゆき事なり、日暮て風少しづつ穏になる。夜半頃より雨止む」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記
NO.
高知3837

よく似た災害

慶長9年8月の風雨

慶長9年(1604)8月4日、風雨。暁印置文には「大風洪水、浜の砂を吹上げ」と記されている。 続きを読む

文久3年の風雨

image

文久3年(1863)2月8日、風雨。「真覚寺日記」には「7日夜大風雨、波ますます高し。8日4ツ(10時)頃止む。波大いに高し」と記されている。 続きを読む

慶応元年5月の風雨

image

慶応元年(1865)5月29日、風雨。真覚寺日記には「五ツ(8時)頃より雨降る。晩方大雨、七ツ(16時)頃雲俄に動き浪高くなる。漁者あわてて船を陸に引... 続きを読む

文久元年の大雨

image

文久元年(1861)2月26日~27日及び29日~30日、大雨。真覚寺日記には「26日夜大雨、27日大風雨添、夜に入ますます風雨暁に至てやむ、28日晴... 続きを読む

文久3年の風雨

文久3年(1863)2月7日~8日、風雨。真覚寺日記には「7日夜中大風雨、波ますます高し。8日四ツ(10時)頃止む。浪大いに高し。東灘津呂の鯨船久保津... 続きを読む