文久2年閏8月の大雨

災害年月日
1862年10月04日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
文久2年(1862)閏8月11日、大雨。真覚寺日記には「日入後極大雨、夜に入りますます烈しく門前の札を吹き折る。二淀川の渡り止る。小便に出られぬ程の大時化実に困り入る。(14日の日記には)11日の風雨の時二淀川大水にて川上より数種の物流れ来り。当所にても材木類拾取る者多し。去る酉の年(嘉永2年)以後今度のごとき洪水はなしという。保佐の類を浜へ打寄せたる事夥しく、ミマセ辺の者はたばねたる稲を拾いしもの多しという。安喜川、物部川、雁切川皆大水、岸崩れ田畑を破る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、54-55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 真覚寺日記
NO.
高知3838

よく似た災害

文久2年5月の風雨

image

文久2年(1862)5月1日、風雨。真覚寺日記には「1日大風雨、2日大風、昨日の雨に二淀川大水上下の渡場往来留、当浦の波濁り高し。和泉屋漁船下浦にて鰹... 続きを読む

文久元年の大雨

image

文久元年(1861)2月26日~27日及び29日~30日、大雨。真覚寺日記には「26日夜大雨、27日大風雨添、夜に入ますます風雨暁に至てやむ、28日晴... 続きを読む

文政5年の風雨

文政5年(1822)5月29日夜から大風雨、6月2日大洪水。上岡利太郎手記に「文政5年5月洪水、遠近家米1石6斗救助米を出す」とある。遠近家は宇和屋の... 続きを読む

慶応4年の長雨

image

慶応4年(1868)閏4月~5月、長雨、新居川(仁淀川)大水。真覚寺日記には「5月18日、当年ほど雨の降る年もなく暑き事もなし。此頃の雨天の寒さに風を... 続きを読む

安永9年の落雷

安永9年(1780)6月2日8ツ下り(午後2時半)、雷雨。岡村記によると、落雷により西の山田で死者3人だったという。「筐底秘記」によると、讃岐で270... 続きを読む