元治元年の大雨

災害年月日
1864年06月30日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
元治元年(1864)5月27日~28日、大雨。真覚寺日記には「27日夜に入り大雨となり暁に至りて大時化、暫時恐怖す。諸人風を追う。28日朝大風雨、五ツ(8時)頃風止む。本堂へ雨もり、筧を落し庭木を東西せしめ実に安からず。橋田の中傾く家多し。井尻辺の市艇一艘損し人知れずとて騒動す」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 真覚寺日記
NO.
高知3840

よく似た災害

元治元年の洪水

元治元年(1864)5月21日、出水、中塚残らず入る、椋の木の枝1尺下まで入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

元治元年の大火

元治元年(1864)12月20日、伊島で大火が起こり、全戸66戸のうち43戸が全焼した。住民は貧困の極に達し、被災者は約10年間にわたり、小屋掛けして... 続きを読む

元治元年の台風

元治元年(1864)8月、大暴風雨による洪水のため、北方7郡では土佐白髪山をはじめ谷々からの流木が多く、南山より北山一円で地表から1丈以上の出水となっ... 続きを読む

元治元年の火災

元治元年(1864)、加茂の稲持から出火し、強い西風にあおられて、貞広、金川まで延焼し、20数戸が焼失したと言われている。(伊原正市談による) 続きを読む

元治元年の風雨

元治元年(1864)5月27日夜より28日にかけて、大風雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む