慶応2年7月の風雨

災害年月日
1866年08月10日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)7月1日、風雨。真覚寺日記には「浪高く風添う。四ツ(10時)頃より風雨強く樹木を動揺し田芋の葉を破る。九ツ(12時)頃風別して烈しく屋根の瓦も飛んとする程の勢なり。八ツ(14時)頃雨止む。3日、一昨日より昨日まで新居川出水川留、去る酉年(文久元年)以後始めての洪水の由、西畑の百姓甘藷を流し又は唐芋を押流され迷惑の家々多し」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記
NO.
高知3843

よく似た災害

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水の痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は茶室の畳から2... 続きを読む

文久元年の風雨

文久元年(1861)7月4日、大風雨。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月7日から6月26日まで50日間雨が降らず、辰ノ口(道野尾)で6月26日に大雨乞の祈願が行われた。 続きを読む

文久元年の風雨

文久元年(1861)7月4日、大風雨。(「高松藩記」、「庄屋記録」、「讃岐国大日記」による) 続きを読む

文久元年の風雨

文久元年(1861)7月4日、大風雨。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」等による) 続きを読む