慶応2年8月7日の風雨

災害年月日
1866年09月15日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  高潮  
概要
慶応2年(1866)8月7日、風雨。真覚寺日記には「7日四ツ(10時)頃より風添い雨戸を立籠る。夜入風大に吹き恐ろし。本堂余間の雨頻りに漏り夜半過より風斗になる。8日昨夜の風雨に惣じての家も畠物も散々に成て当寺浜の唐芋地へ少々汐打込というて来る。夜秋風肌に覚え月明也」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 真覚寺日記 高潮
NO.
高知3844

よく似た災害

慶応2年8月の大雨

慶応2年(1866)8月5日より7日かけて、大雨仁の村は堤を波打ちこし唐芋地へ皆潮入。8月15日夜中、大雨、波高し新居川(仁淀川)出水。この年凶作。(... 続きを読む

慶応2年7月の風雨

image

慶応2年(1866)7月1日、風雨。真覚寺日記には「浪高く風添う。四ツ(10時)頃より風雨強く樹木を動揺し田芋の葉を破る。九ツ(12時)頃風別して烈し... 続きを読む

延享4年7月の風雨

延享4年(1747)7月22日、綾上町で大風雨により、立毛惣じて大損。(蓮井武夫氏の古記録による) 続きを読む

慶応3年の風雨

image

慶応3年(1867)8月26日~30日、風雨。真覚寺日記には「26日雨終日止まず夜中雨なし。28日大雨、29日雨晩方より別して大雨、30日雨四ツ(10... 続きを読む

慶応4年の長雨

image

慶応4年(1868)閏4月~5月、長雨。「真覚寺日記」には「5月18日、当年ほど雨の降る年もなく暑き事もなし、此頃の雨天の寒さに風を引くもの多し。余り... 続きを読む