慶応2年8月15日の大雨

災害年月日
1866年09月23日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月15日、大雨。真覚寺日記には「九ツ頃より雨降り出す。夜中大雨、浪高し。16日新居川又出水、往来留という。浪も高し。夜九ツ頃月触明かに見ゆる」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 真覚寺日記 新居川
NO.
高知3845

よく似た災害

文久2年5月の風雨

image

文久2年(1862)5月1日、風雨。真覚寺日記には「1日大風雨、2日大風、昨日の雨に二淀川大水上下の渡場往来留、当浦の波濁り高し。和泉屋漁船下浦にて鰹... 続きを読む

慶応3年の水害

慶応3年(1867)6月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「雨は篠を乱せる如し、市中水深くして往来する者一人もなし」と記されている。 続きを読む

安政4年7月1日の風雨

image

安政4年(1857)7月1日、風雨。真覚寺日記には「波大いに高し。五ツ半(9時)頃より大風雨九ツ(12時)前に至り雨止み風穏になる。作物少々宛いたむ。... 続きを読む

文久元年の大雨

image

文久元年(1861)2月26日~27日及び29日~30日、大雨。真覚寺日記には「26日夜大雨、27日大風雨添、夜に入ますます風雨暁に至てやむ、28日晴... 続きを読む

享保7年6月の洪水

享保7年(1722)6月23日、洪水。(「日本災異誌-御家年代略記」による)享保雑記には「去年七月の洪水より一尺も高し」と記されている。中村町史には「... 続きを読む